2016年のアフロキューバンワークショップは全3クラスから構成します!

各クラス80分ずつ。

  1. アフロキューバンスピンオフクラス(毎回内容変更)
  2. アフロキューバアンサンブルクラス
  3. バタドラムクラス

②③はアンサンブルをじっくりやります!キューバの音楽は何と言うか暑い国だけに情熱的。

みんなで、楽しくかつ熱い演奏をやりましょー。

 

今回の2月13日スピンオフは

【ボンゴ奏法に旨味を加えるエッセンス!ルンバのキント理論であるコントラクラーベとは】編。

ワークショップでは単品で中々取り上げないラテンパーカッション3種の神器である『ボンゴ』。

 

アフロキューバンスピンオフでやっちゃいます!

 

ボンゴ?使いませんよね?ボンゴってアフロキューバンで。 そーなんですよ。

 

でも実は凄く役立つエッセンスがルンバのキントつまりソロの奏法の中にあります。

 

というかラテンの中では同じような役割なのです。

 

なので、ボンゴでキント理論を紹介しようとおもいます。

 

ボンゴは基本マルティージョと呼ばれる奏法だけです。

 

それを豊かにする要素の一つが『コントラクラーベ』ですね。

 

ボンゴどうやって叩いたらいいんだろうって方も是非参加してくださいませー。